すずらん協同組合

受入までの流れ

技能実習2号から特定技能1号に在留資格変更する場合の簡単な流れをご紹介いたします。

特定技能外国人受入までの流れ(国内にいる技能実習生が資格変更する場合)

  1. 雇用契約を締結する。
    ※技能実習2号を良好に終了した技能実習生は、修了した職種が希望する分野と関連性が認められる場合試験は免除される。
  2. 登録支援機関に支援計画を委託する場合、委託契約を締結し、支援を委託する。
  3. 地方出入国在留管理局へ在留資格変更許可申請を行う。
  4. 申請許可後、支援計画に基づき各種支援を行うが、登録支援機関に委託する場合は、登録支援機関が行う。
  5. 特定産業分野ごとに分野所管省庁が設置する協議会の構成員として、協議会に参加する。
  6. 就労を開始する。地方出入国在留管理局へ随時又は定期の報告を行う。

特定技能外国人受入までの流れ
特定技能外国人支援事業

すずらん協同組合

本部 〒104-0061
東京都中央区銀座8-10-6
銀座MEビル3F
[ 詳細地図はこちらから ]
電話:03-5537-5052
FAX:03-5537-5053

茨城支所 〒309-1626
茨城県笠間市下市毛1478-30
電話:0296-72-6992
FAX:0296-72-6993

福岡支所 〒812-0884
福岡県福岡市博多区寿町
3-3-16-603